引き出物はカタログギフトにしよう【お互いいい事づくめ】

最新記事一覧

内祝いの定番

ギフト

消耗品が基本

結婚すると親しい方々から結婚祝いをいただく事がありますが、それらの方々にはお返しをするのがマナーです。このお返しの事を内祝いとも言い、結婚式の招待客に渡す引出物もこれにあたります。また結婚式に出席していなくても、結婚祝いを下さった方々にはお返しの品を贈るようにしましょう。お返しを忘れてしまうと、後々人間関係に影響が出るので、誰から結婚祝いを貰って何をお返ししたか、という記録をきちんとつけておきましょう。結婚祝いは多くの場合、ご祝儀として現金でいただきます。お返しは品物を贈りますが、その際の品物の金額はご祝儀の三分の一もしくは半分が定番です。それより安すぎるのは不満に思われる可能性が高いので避けるべきですが、逆に高すぎるのも相手に遠慮されるので気をつけてください。特に目上の人の場合には失礼に当たるので、注意しましょう。お返しの品物としては食品が一般的で、他にはキッチン用品やバス用品などの日用品も人気があります。これらの品物は消耗品という特徴があり、贈られた相手の負担になりにくい品物、という配慮があります。食品は保管が出来るように日持ちのするものが好まれ、少し高価な缶詰やお茶、ジュースなどが定番です。また同じ職場の同僚などからは、連名で結婚祝いを贈られるケースがあります。こうした場合のお返しには、全員に分けやすいお菓子の詰め合わせなどが選ばれています。引出物の定番となっているカタログギフトも、内祝いの品物としてよく利用されます。